PIC アセンブラ入門演習

第0章       準備

第1章       計算機における数の表現を学ぼう

第2章       転送命令を学ぼう

第3章       演算命令を学ぼう

第4章       演算命令(つづき)

    足し算の桁上がり,Rotate, etc.を学ぼう

第5章       条件JUMP命令, CALL命令を学ぼう:

    所定回数同じ処理をさせる方法,サブルーチンを使う方法を学ぼう

第6章       LED(発光ダイオード)の制御を学ぼう

第7章       LCD(液晶ディスプレイ)の制御を学ぼう

プログラム例

1.「コンニチハ ヨロシク」を表示するプログラム

   (プログラム解説ソース

2.文字を移動させるプログラム

SW1を押すと上段の文字が移動

SW2を押すと下段の文字が移動

SW3を押すとリセット

   (プログラム解説ソース

第8章       ステッピングモータの制御を学ぼう

第8α章       PIC16F88によるステッピングモータの制御

プログラム

1.ステッビングモータの定速駆動    (ソース

2.タイマ0割り込みによる制御周期管理 (ソース

3.A/D変換モジュール         (ソース

4.ステッピングモータの速度制御    (ソース

第9章       割り込みを学ぼう

    処理タイミングの管理に必須の方法を学ぼう

第10章 Super Science High Schoolを実施

岡崎高校2年生M君を迎えてプログラム製作コンペを実施しました.

作成プログラム

1.ラリーゲーム (取扱説明書ソース

2.丁半ゲーム  (取扱説明書ソース

3.カメハメ波  (ソース

日程:20048月2日(月)〜5日(木)

 初日,2日目 9:00-17:00

  1−9章のプログラミング演習  M君はわずか2日間でほぼマスター

 3日目 9:00-17:00

    オリジナルプログラムの製作

 4日目 11:00-12:00

    発表会       

(その後7日までエフテック社製P-ROBO2

http://www.ftech-net.co.jp/robot/catalog/index.html の製作とプログラム開発演習を実施)

参加者

 計算理工学専攻博士後期課程2年生 1名

 電子情報システム工学科4年生   2名

 岡崎高校2年生          1名

戻る